拾日記

雑学と教養、物欲と断捨離の狭間を彷徨う

iPad Proよ、おまえもか、、、iPadの一つの完成形がここに

f:id:ohiroi:20190106233525j:plain

 

2018年10月30日(現地時間)、新しいiPad Proが発表された。私はオンラインでその発表の模様を見守っていたが、その凛とした佇まいはもとより、美しい映像表現、新しいApple Pencil等に圧倒されっぱなしだった。

「欲しい」

素直にそう思った。

日本でも発売が開始され、知人たちも嬉々として購入していく中、当初の熱狂はどこへやら、iPad miniからの買換えに躊躇している自分がいた。

果たして、私に使いこなせるだろうか、、、

 

iPad Proは一つの完成形へ

先代iPad Pro(2017)、iPad(第6世代)と比較しても、性能の差は歴然としている。

f:id:ohiroi:20190127112518j:plain

 

1.ついにベゼルレス!

まず、外観で大きいのは、Touch IDからFace IDに変更されたことで、ベゼルレス(というか薄ベゼル)になり、ディスプレイが11インチになったこと。スマートフォンもPCもベゼルレスが一般的になる中、iPadもついに、という感じ。実際に持った感じも違和感なく、正当な進化と言える。

それにしても、iPadのサイズがここまで細分化するとは思っていなかった。いずれ2~3サイズに収れんしていくのだろう。

 

2.CPUもA12XBionicに強化

これまでのiPadは、基本的にはiPhoneの後追いという形で、最新型あるいは1世代前というのが通例だったが、今回は、最新のA12 Bionicの強化版が搭載された。これまでのiPadは、iPhoneでもできるけど、大画面ですると便利といった位置づけが拭えなかったが、この強化が示すメッセージは大きい。

今回のスペシャルイベントでは、AdobeがiPad用にPhotoshop CCを2019年にリリースすることを発表した。Appleとして、iPad Proをクリエイティビティのためのツール高々と宣言し、それをAdobeが裏付けた形になる。iPhone Xに搭載されたA11 Bionic以降、着々とAIの機能強化を図っており、ARや高度な画像処理がサクサクできることが期待される。

 

3.インターフェースや周辺機器も刷新

外観のところでも触れたが、Touch IDからFace IDに変更された。この変更はiPhoneの流れをみると自然なことだが、操作性が大きく向上したように思う。iPad Proを使い場合、ノートPCのようなスタイルだったり、Apple Pencilを使っている、あるいは両手で持つとう、両手が何らかの形でふさがっていることが多い。また、向きも縦だったり横だっだり。このFace IDにより、いちいち指をボタンまでもっていく必要がなくなり、縦横関係なく認証することができるようになった。

Apple Pencilが第2世代に。第1世代では、ペアリングや充電はiPad ProのLightningポートを経由せざるを得なかったが、第2世代では、iPad Proの側面(音量ボタン側)に磁力でカチッと取り付ければよくなった。加えて、 ジェスチャー機能が追加され、本体をダブルタップするだけで、例えば、ブラシサイズやモードを瞬時に変更できるようになった。

Smart Keyboardも、Smart Keyboard Folioとして刷新。デザイン的には、背面も保護できるカバーとして機能しており、2 in 1的な使い方がより便利になった。

そして、特筆すべきは、LightiningがUSB-Cに変更されたこと。これにより、iPad Proの拡張性が一気に高まり、外部ディスプレイやカメラなどの機器と接続が容易になる。また、これまではモニターへの外部出力はサードパーティ製のアプリが必要だったが、標準でデュアルモニター環境を構築できる。

 

今回のメジャーアップデートで、iPad Proは、画面の大きいiPhoneから、クリエイティビティのためのツールに飛躍し、ipadの一つの完成形が提示されたと言える。

 

さて、買うべきか?

実際、私の廻りでもその進化に魅せられ、買い替えや新規購入に踏み切った知人が少なくない。デザイン・スペックともに申し分ない。個人的には少し様子見が良いと思っている。スペック的には、大半の人には使いこなせないところまで来ており、iPad(第6世代)で事足りることがほとんどではないか。iPad Pro(2018)とiPad(第6世代)との価格差は、単純比較はできないが、50,000円程度ある。その意味では、引き続きiPad(第6世代)を強く薦めたいが、なかにはiPad Pro(2018)がふさわしい方々もいる。

 

iPad Pro(2018)を買うべき人

  • iPad ProやiPadを使い込んでおり、スペック不足を感じている人
  • iPad Pro 12.9インチを愛用しており、12.9インチを維持し携帯性を高めたい人
  • 将来的に、iPad ProでAdobe Photoshop CCをフルバージョンで使いたい人
  • ノートPCをあまり使いこなせておらず、iPadにアウトプット作業を統一したい人
  • とにかく、最新・高機能のiPad Proを使いたい人

ただし、こういう人も、iPad版Photoshop CCをはじめとするiPad Proのスペックを最大限発揮できるアプリが出るまで様子見するということも悪くないと思う。

様子見すべき人

  •  既存のiPad、iPad Proで不便を感じていない人
  • iPadを使ってみたい、Apple Pencilを使ってみたい人

  →iPadを使ってみたい人は、まずはiPad(第6世代)の検討を。

iPad mini 4愛用者はどうすべきか? 

iPad mini 4とiPad Pro(2018)は明らかに用途が異なるので代替機にはなり得ない。ビューワーとしての役割を求めるのであれば、現状だと第1の選択肢はAndroidタブレットになる。大画面のiPhoneも選択肢には入るが、比べてしまうと、情報量は減るし、縦横比もビューワー向きとは言いにくい。買い替えるのであれば、もう少し別の動機が必要になる。

個人的には、iPhone SE+iPad mini 4の組合せをそろそろ卒業しても良いかと思いだしている。両者とも後継が出る可能性が年々低くなっているからだ。他方、iPad+Apple Pencilの組合せがかなり洗練されてきていると感じており、2019年前半に発表されるであろうiPad(第7世代)を見てから、考えたいと思っている。