拾日記

雑学と教養の狭間を彷徨う

嫌いだけど愛しているはず -「京都ぎらい」

f:id:ohiroi:20190113213055j:plain

 

著者は、「出身は?」と聞かれると「京都」と素直に答えることを躊躇するという言う。それを素直に言える人は代々洛中に住んでいる人だ。嵯峨という洛外に育った著者は、洛中出身者から「イケず」なことを言われることもあり、世間一般の人が思う京都とはまた違った側面に触れながら生活してきた。

おそらく、洛外という京都であって京都でない地域の出身者だからこそ、感じ、知り得ることを、やや斜め下?から書き綴ったエッセイ集。

2016年新書大賞受賞作。

 

京都ぎらい」(井上章一)扱うテーマは、冒頭の「洛外は京都にあらず」といった京都のアイデンティティに始まり、芸妓と僧侶の関係、寺社と行政との戦い、歴史の中の京都等、多岐にわたる。いずれも豊富なエピソードを交え、京都の文化や歴史を紹介する。

例えば、僧侶の知らざれる実情として取り上げられた、花街との関係。京都では芸妓と同伴している僧侶に遭遇することがある。違和感を感じる人もいるだろうが、京都ではけして珍しくないそうだ。全国の花街が苦境に立たされる中、華やかさを維持する京の花街。その花街を本当に支えているのは僧侶だというのである。

また、京の寺院の経済を支えているとも言われる拝観料。お布施との位置付けのため非課税となっているが、それに京都市が「古都税」として課税対象にしようとしたことがある。それに対して寺社がとった行動は、拝観停止という一種のストライキ。最終的に、観光によって成り立っている商店等が音を上げ、課税はお蔵入りした。

いずれも一般的なお寺やお坊さんに対するイメージからは想像しにくい話だが、「京都」が「京都」として今なお存在感をはなっているには、それなりの理由があるとうことかもしれない。その一方で、対東京という視点では、京都愛を滲ませる著者。最後は、鎮魂の思想からやや政治的な話で締めくくることになるが、「京都ぎらい」という視点から、日本の文化・歴史を象徴する地域である京都を論じた点で興味深い。

これを読んで、京都を訪ねると、これまでとはまた違った印象を受けるかもしれない。

 

新書大賞の歴代ベスト5:現代の教養・知識を手軽に学べる話題の55冊