子も親も -「君たちはどう生きるか」

f:id:ohiroi:20190106164152j:plain

 

随分前に購入していながら、永らく積読されていた、かわいそうな本。

本書の対象どおり、思春期に一度読むと良いと思うが、ある程度年齢を重ね、自身の過去を振り返りながら読むと、また味わい深い。

 

本書は、第2次世界大戦が始まる2年前の1937年に吉野源三郎が児童向けに書き下ろした道徳小説。氏は、岩波新書を立ち上げ、雑誌「世界」の初代編集長を務めた人物としても知られる。2017年に漫画化され大きな話題となり、宮崎駿監督が映画化するとも言われている。

こうした本が話題になるのは、時代が不透明さを増しているからなのか、、、

 

物語は、旧制中学2年の15歳の少年コペル君(本田潤一)が、叔父との対話を軸に、学校で起きるイジメ問題等を通じて、立派な人間になるために、考え、悩む。

扱われているトピックは「天動説的な見方をする」「自身の体験・思考に立脚する」「人のつながり・支え合いに感謝する」「人の価値を貧富の差で判断しない」「人類の進歩に貢献する」「人を裏切らない」といった、おそらく今でも通ずる普遍的なものばかり。

上級生のいじめに立ち向かう友人たちに同調することができず、約束を反故にしてまい、自分を責め続けるコペル君。罪悪感に苛まされ、叔父さんに取り繕ってもらおうとする。叔父さんはコペル君に、過去の過ちを真摯に受け止め、心からの謝罪をするよう叱咤激励する。 

「コペル君、今君は、大きな苦しみを感じている。なぜそれほど苦しまなければならないのか。それは君が正しい道に向かおうとしているからなんだ」 

お母さんも、些細なことではあるかもしれないが、過去に後悔し、今でも思い出すことがある出来事を告白する。そして、それがあったからこそ、今の自分があると、コペル君の背中を押した。。。

 

******

「君は何も生産していないけど、大きなものを毎日生みだしている。それは何だろうか?」