mnemo(仮)

地味にリニューアル中

アンパンマンこどもミュージアムに行ったら、ストレッチボールの虜になった。

横浜などにあるアンパンマンこどもミュージアムに行かれたことがある方はご存知だと思うが、ミュージアムにはモールが併設されていて、ここでしか手に入らない限定グッズや食べ物がたくさん売られている。

私は子供たちに、あまりキャラクターグッズを買い与えないようにしているが、これはヤラレタ!と、思わず購入してしまった逸品がある。

 

 

それがこちら、

 

f:id:ohiroi:20180414232422j:plain

 

 

 

アンパンマンのストレッチボール(3,000円(税抜)。

 

実は、このボール、ミュージアムの1階にある「アンパンマンの丘」という、触れ合い広場にたくさん置いてあって、自由に遊ぶことができる。そこで、親子ともども恋に落ちたのだった。

ちなみに、この広場には、アンパンマンをはじめとするキャラクターが時々遊びにきており、ハグしたり、一緒に写真を撮ったりできる。

 

f:id:ohiroi:20180414202134j:plain

 

アンパンマン・ばいきんまん・ドキンちゃん・コキンちゃんの全4種類あるが、おすすめは、もちろんアンパンマン。

 

魅力その1:これはアンパンマンの頭でしょ!

見れば見るほど、すこぶるアンパンマンっぽい。全長約45センチの大きさは、実物大なのではないかと思ってしまうほど、アンパンマンの頭なのであり、ジャムおじさんになりきって、ピンチのアンパンマンに全力で投げてみたくなる。商品の発想はある意味ベタなのだが、実際に目にしてみると、これほど、ピッタリな品もそうそう無いように思えてくる。

 

魅力その2:適度な大きさと弾力が心地よい

この45センチというのは、幼児が全身を使ってちょうど抱えられる大きさ。子供が、一生懸命抱えて動き回る様は、それだけでラブリー。この大きさだと、投げてもそんなに遠くにいかない。また、感触も硬くなく、適度な反発を感じる弾力が心地よく感じられる。不意にぶつけられたとしても、ケガをする恐れは少ないだろう。

 

魅力その3:ストレッチに使える

これが本来の用途なのだが、普通にストレッチの道具として使える。但し、耐荷重が25kg程度なので、子供に限る。大人が使う際は要注意。ちなみに、20kgに満たない娘は、イスのようにして、アンパンマンのテレビを見ていて、さりげなく体幹を鍛えておられる。

 

アマゾンでも購入は可能なようだが、定価の1.5倍くらいする模様。個人的には、もっともアンパンマンらしいグッズで、しかも限定品。ミュージアムに行かれた際には、ぜひ一度手に取ってみてほしい。

 

(おまけ)タオルハンカチもおススメ

ちなみに、こちらのタオルハンカチ(500円(税抜))も、らしいなぁと思った品。しっかり主張しつつも、主張し過ぎていない点が好印象。お土産用にも普段使い用にもお手頃かと。

全11種類ある中、わが子たちは、ダダンダンとコキンちゃんをお選びになられました。どちらかというと渋めのセレクト。

f:id:ohiroi:20180414225628j:plain