拾日記

雑学と教養、物欲と断捨離の狭間を彷徨う

社長になるなら今!? -「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」

f:id:ohiroi:20190211101030j:plain

 

サラリーマンに投資や起業を薦める書籍は多いが、企業買収を説く本は少ない。

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」(三戸政和)は、その非常にキャッチ-なタイトルとは裏腹に、理にかなった投資として資本家への道を提唱する。

日本経済を支える中小・零細企業。全国に約380万社あるが、その経営者のうち245万人がすでに70歳を超え、しかも、その半数は後継者が決まっていないという。2025年には、黒字にもかかわらず廃業に追い込まれる「大廃業時代」が到来する。

他方、人生100年時代における老後資金の確保に不安を感じている40代~50代のサラリーマンも少なくない。

そんな、人口減少・高齢化社会における一挙両得な解決策として著者が提案するのが「企業買収」だ。

一見ハードルが高そうに見えるが、大手企業で中間管理職として当たり前のようにしてきたことが、中小企業の業務改善に活かせ、企業価値向上にも資すると言う。実は、大企業では普通のことでも、中小企業では、製品の利益管理や在庫管理、従業員の労務管理が非常に甘いことが少なくないらしい。勤めていた会社の管理ソフトを導入するだけで、業績が大きく改善することも。

特に筆者は、0から1を創り上げる起業の難しさを強調する。起業して10年後に生き残っている会社は10%に満たない。特に飲食業の起業は地獄の選択肢と酷評する。その点、企業買収は、そうした苦難を乗り越えた企業を対象とし、生産設備や顧客、仕入れ先、従業員、取引銀行などの資産をそのまま引き継ぐことができる。サラリーマンは、0を1にした経験は少なくとも、1をより大きくする経験は豊富に有することが多い。

企業買収により、継続的な役員報酬が入り、経営が上手くいけば、事業売却による利益も期待できる。しかも生きがいも得ることができる。事業継承に関する制度支援も後押しとなり、中小企業の買収は理にかなった老後資金対策というわけだ。

もちろん、良い案件ばかりが転がっているわけではなく、しっかりとしたデュー・デリジェンスを行わなければ、落とし穴もある。それでも、第2の人生として「社長」を選択するということは、非常に魅力的なオプションのように映る。

投資、起業に次ぐ第3の選択肢を提示し、様々な不安を抱える団塊の世代ジュニアに勇気と希望を与える一冊。