拾日記

雑学と教養の狭間を彷徨う

Entries from 2019-01-07 to 1 day

子も親も -「君たちはどう生きるか」

随分前に購入していながら、永らく積読されていた、かわいそうな本。 本書の対象どおり、思春期に一度読むと良いと思うが、ある程度年齢を重ね、自身の過去を振り返りながら読むと、また味わい深い。