拾日記

雑学と教養の狭間を彷徨う

Entries from 2018-05-05 to 1 day

おばあちゃんが東北弁で哲学する本 -「おらおらでひとりいぐも」

芥川賞受賞作、「おらおらでひとりいぐも」(若竹千佐子)。ライブ感がある文体で、一気に読了。その面白さを上手に表現できない自分がもどかしい。必読。